書いて話せるようになる!オンラインライティングクラス

自宅から受講でき、最速で英語が使えるようになるクラスです。
自営スクールと大学で延べ3,000人以上に英語を教えてきた日本人講師(Kana)とネイティブ講師が、あなたをしっかりサポートします。

こんな経験はないでしょうか?

★ 話したいことがあるのに、うまく英語にできない

★ 英会話クラスに通ってみたけど結局やめてしまった

★ もう英語は一生話せるようにならない…というあきらめの境地にいる

かつての私(Kana)も同じ悩みを持っていました。
英語を教え始めて13年目になり、せっかく英語を始めても続かない生徒さんに会うたびに「何ができるだろう?」とずっと考えていました。

気づいたのは2つのこと。

1) 英語はある程度続けることでうまくなる。
2) 確実に力をつけるには、「書いて添削」がベスト。

そこで、楽しく続けて話せるようになるための「オンラインライティングクラス」を始めました。

オンラインライティングクラス詳細

対象者

♢中2以上の初級中級者ならどなたでも!
♢英文法はちょっと覚えているか、ほぼ忘れてしまった人
♢もっと英語を使ったり話せるようになりたい人
♢自分の思いをうまく英語にしたい人
♢英語が好きで興味があれば、まったく自信がない方も大歓迎!

クラスの特徴

♦ メールまたはLINEで英文のやり取り
♦ 1回150 wordsまでの英文を週に2回、ネイティブが添削して英語で返信
♦ 文法的なアドバイスは日本人講師が丁寧にコメント
♦ わからないことや不安な点は常時メールやLINEで相談対応(24時間以内に返信します)
♦ Zoomによるオンラインプライベートレッスン付き
(月1回45分:ネイティブまたは日本人講師を選べます。※有料で追加レッスンも可能)
♦ 希望者には添削した英文の録音音声データを送付(※有料オプション)

受講料(税込)

●週2回の英文添削コメント+オンラインレッスン45分+質問サポート無制限
1ヵ月コース:25,300円/月
3ヵ月コース:22,000円/月

●追加オンラインレッスン:3,300円/30分
●録音音声オプション:2,700円/月(150 wordsまでの添削英文を2つ選べます)

※お支払いは銀行振込(期間分ご一括おまとめ)になります。
※お振込み後、お客様都合による払い戻し、キャンセルは受け付けておりません。
内容をよくお読みいただき、お申し込みください。

日本人講師(Kana)

日本人講師(Kana)

英国および日本の大学院の両方で、効果的かつ効率的な英語学習の方法を学んできました。学位だけに終わらず、その知識を活かして、スクールや大学でこれまでに述べ3,000人以上の方に英語を教えています。
英語をまったく話せない状態から英語を使って仕事をするまでになった自分自身の経験により、日本人の生徒さんの悩みを解消します。
「間違えたら恥ずかしい」「何を話していいのかわからない」などの不安がある方はぜひご相談ください。レッスンを受けて英語を話すことが怖くなくなった、むしろ話したくなった、という方も多いです。ネイティブには聞きづらい、または聞いても的確な答えが返ってこないなどのときは、日本人講師としていつでもサポートします。安心して頼ってください。

電子書籍 著書
ほめる英語であなたは変わる!

ほめる英語であなたは変わる

ネイティブ講師(David)

ネイティブ講師(David)

小中学校のALT(外国語指導助手)を経て、現在はスクールと大学で英語を教えています。大学ではライティングやスピーキングなどの分野を担当。単なる英語のネイティブスピーカーではなく、英語講師10年以上の豊富な経験が強みです。英語教育学会での発表や、高校生の英語スピーチコンテストの審査員も務めてきました。講師目線かつネイティブならではの発音・会話・英作文のレッスンが得意です。
日本語の日常会話は問題なくできますが、英語オンリーのレッスンも(もちろん)可能です。底抜けに明るくエネルギーにあふれたデイビッド先生とのレッスンでは、普段の自分から一歩踏み出した前向きな気持ちになって英会話を楽しめるでしょう!

「とにかく聞いて話す」の落とし穴

とりあえず英語を話したくてアワアワしながらも英会話クラスで話してみる。
少しでも聞き取れたり通じたらうれしくて、もっと話せるようになるぞ、と通ってみる。
でもなかなか伸びない。「通ってても意味がないな…」となってあきらめてしまう。
これは実際に私が学生の時、英会話スクールの生徒として経験したことです。

書いて話す力のある方なら、プライベートレッスンで英語を話すことで英語力をキープしたりブラッシュアップする効果があるでしょう。
でも文法力が弱かったり、書くことをせずにいきなり話すと、すぐに行き詰ります。
この状態でプライベートレッスンを受けるのはとてももったいない。

何かできないものか…ともどかしく感じていました。

これまでも英会話のプライベートクラスで英文添削を実践してきました。
でも「添削するから書きましょう」と促しても、家で実践してくれる生徒さんは少ないです。
限られたレッスン時間は英語を話したい、という方も多く、大人の方は忙しいので宿題で書いてくる時間がない、というパターンがほとんどでした。

レッスンに来て英語を使ったり話したりするだけでとりあえずやった気持ちになり、満足してしまうというのもあるでしょう。
私もそんな生徒でした。

ちなみにスクールのプライベートレッスンは7,700円/60分、月に4回レッスンすると、30,800円/月になります。
1時間マンツーマンで先生を独占できる、というメリットもありますが、英語上級者でない限り会話力に思うような効果は得られず、決して安くはない出費です。

オンラインライティングクラスなら、ほぼ強制的に(笑)書くことになりますので、目に見えて力がつきます。
また講師からの返信やコメントも励みになって続けやすく、初級中級者にとってはプライベートレッスンよりもずっとお得で効果が高いレッスンとなっています。

最初は150 wordsって多いな!と感じるかもしれませんが、徐々に慣れてくるのでご安心ください。
書き慣れるまでは半分の70~80 wordsからでも十分です。
(ちなみに英検2級のライティング問題の語数目安は80~100 words)

以下は、約150 wordsのサンプル文です。この半分量でも大丈夫!

まずはとにかく英語を書いてみましょう。
間違いだらけでもかまいません。
むしろ、間違えて添削された方が学びが早くなります。
自己紹介から始まって、日記のような報告、好きなこと、仕事のこと、家族のことなど。
添削やコメントをもらううちに、だんだん英語を書くことが苦ではなくなり、むしろ楽しくなってくると思います。

足りないのは「書く」→「添削」→「話す」の練習

英語上達のカギは次の2つにあります。

1. 基礎文法力(中2レベル)
2. 英語を書く→添削してもらう→また書く→話す練習

英語を使える人にとっては当たり前のことかもしれません。
でもここが意外と知られていない!(恥ずかしながら、私も教え始めるまで気づきませんでした)

大学生に教えていても、英語の知識はそこそこ高い(つまり1.の基礎力は確実にある)のに、自分の思いをうまく英語にできない学生たちにたくさん出会いました。
大げさではなく、クラス全体の8割がそうでした。

まず、1.の基礎力がないと英語は書けません。(なので、中2以上が対象者になっています)
そして話すためには2.の練習が欠かせません。
英語を書くことは学校でもやってきたと思いますが、添削したものをまた書く→話す練習まではやらないことがほとんどです。
私自身も学生の時はほぼ経験していませんでした。

日本に住みながら英語を使えるようになるには、まず何はなくとも文法力。
しつこいようですが中2レベルで十分です。
それすら自信ないわ…とおっしゃる方は多いのですが、意外と思い出すもの。
しっかりサポートするのでご安心ください。

英文添削してもらうことで、文法の見直しができるのもライティングクラスの特徴です。
そして英語で書く力が磨かれれば、自然と通じる英語を話せるようになります。

英語で自分の思いがクリアになる

「英語で書く」ということは、当たり前ですが「日本語で自分の考えを書くことができる」ということ。
そして英語にするためには、あいまいさが目立つ日本語よりも明確に自分の考えを言葉にしなければなりません。

英語を書くことで、「自分は何が好きでどんな人間か」がはっきりします。
これはライティングクラスの隠れたメリットのひとつです。

たとえば、英語では一番言いたいこと(結論)をシンプルに表現したあと、その理由(2つ以上)や例をどんどん加えて、自分の思いを相手にわかってもらう書き方が基本です。

例:私は夏が好き→(なぜ?)→海や川などの自然を楽しめるし、イベントが多いから→(たとえば?)→夏は和歌山やフロリダの自然を楽しんでリフレッシュしたり、お祭りで花火を見たりする。

Sample: I like summer. Because I enjoy nature like the sea and the river, also we have lots of fun events in summer. For example, in summer, I usually enjoy the nature of Wakayama and Florida. We also have some fireworks events at summer festivals.

この書き方に慣れると、自分の意見をわかりやすく相手に伝える癖がつきます。
これは日本語のライティングでも重宝します。プロのライターがすすめる文章術と同じ「型(フォーム)」だからです。

言語化するということは、とことん自分と向き合うこと。さらにそれが外国語(英語)であればシンプルにならざるを得ません。
このプロセスを繰り返すことで、自分という人間がわかりやすく英語を通して見えてきます。
そして、相手にわかってもらうための英語データがどんどん手に入ります。もちろん英語力もアップする。

端的にいいことだらけのレッスンなので、自信を持っておすすめします!

特にスピーキング力を伸ばしたい方は、オプションの録音音声を使って自分の英文を繰り返し声に出してみましょう。
月に1回のオンラインレッスンで発音指導もできますので、ぜひ利用してください。

受講生のご感想はこちら

【お試しコース1週間】通常価格の半額!(2021年9月末まで)

〇1週間(150 wordsまでの英文2回添削+録音音声1回分+Zoomオンラインレッスン30分)

8,500円(税込) → 4,250円(税込)

まずはお試しコースを体験してみて、私たちの人柄や相性を見てご検討いただければと思っています。

日本人講師とネイティブ講師の2人がしっかりサポートするため、1ヵ月の定員は4名です。
2021年9月スタート分は、現在募集中!

お申し込みはお問い合わせフォームからお願いします。
ご質問などもお気軽にどうぞ。